退行催眠と前世療法

催眠療法

退行催眠、と聞くと前世療法のことだと思われるのが一般的かなと思います。
心理学では「年齢をさかのぼって記憶を想起する」療法をさしています。

たとえば、理由もなくパンダが怖い、という症状があったとします。

そんな時は、退行催眠で少しずつ年齢をさかのぼり、
パンダが怖くなったきっかけを探ることができます。

まだ赤ん坊だったころ、
おじさんがパンダのぬいぐるみでふざけたのがすご~く怖くて、
それがトラウマになっていた、ということが分かったりします。
(おじさん、パンダで一体何をしたんだろう・・・)

赤ん坊の頃、パンダのぬいぐるみが怖かったんだな、と知ることで
なぜか症状が改善します。
急に治ってしまうこともありますし、徐々に快方に向かうこともあります。

原因が分かることで、症状が改善することってかなりあるんです。
これを、「ア・ハ体験」と言います。
a-ha、なんだそうだったんだ~、と納得することで、
不思議と症状が治まってしまうのですよ。

また、さらにさかのぼって胎児の記憶にまでさかのぼることもできます。

退行催眠で原因を探っていたら、現世では原因が見つからず
原因までジャンプしたら過去生だった、というのが前世療法の始まりです。

もともとは現世療法だった退行催眠の適用範囲が広がり、
前世療法が有名になるにつれ、退行催眠=前世療法と認知されるようになりました。

当サロンでは、前世も現世も療法対応しています。
一度のセッションで両方対応してしまいますので、
基本繰り返しお越しいただくことはありません。
セラピストの私も、一期一会のつもりで全力投球しています。